たった1つのことを意識するだけで、練習の効率は3倍になる。

f:id:tncnicky:20170402122331j:plain

こんにちは、SHOです!

 

 

今回は

 

練習の効率を上げるために

意識すべき

たった1つのこと

 

をお伝えします。

 

 

それを知っているだけで、

あなたのバンドの

ハーモニーは今までの3倍

鳴るようになります。

 

 

 

ハーモニーが鳴れば、

必然的に音感がついてきます。

 

音感がつけばさらに

ハーモニーに強くなります。

 

 

つまり、その「意識」を

するだけで好循環が生み出せるのです。

 

 

しかし、その意識ができないと、

練習で不要な点でつまづき、

上達を滞らせます。

 

すると、だんだんと

モチベーションが落ち始めます。

 

そして気づけば、

思い入れの強かったあなたのバンドは

実質的活動休止になってしまいます。

 

 

他でバンドを組んでも

また同じところでつまづき、

また解散

 

最後はあなたがアカペラに

抵抗を覚えてしまうかもしれません。

 

 

そんな最悪の未来も、

たった1つのことを知るだけで

好転します。

 

 

今回紹介する内容を吸収して、

あなたのバンドに還元しましょう!

 

 

 

知ってるだけで成長速度が
3倍になる方法とは。

f:id:tncnicky:20170402122734j:plain

 

今回紹介するのは、

「他パートの聴き方」です。

 

 

早速ですが、普段はどんな

音とりをしていますか?

 

 

意外と知られていない

音とりの方法があります。

 

 

合わせが劇的にスムーズになる

音のとりかたがあります。

 

 

ぜひそれをマスターして、

できることを増やしていきましょう!

 

 

 

あなたのパートは必要ない

f:id:tncnicky:20170402122956j:plain

音をとるときに、

他パートの音まで取れたら、

いいに越したことはありませんよね。

 

 

しかし、

それは手間がかかります

 

 

そこで、MIDIファイルなどで

音を取るときに、

 

1、まずは自分のパートを取る

2、自分のパート以外を流しながら歌う

 

この手順でやってみましょう。

必然的に周りが聞こえてきます。

 

 

 

MIDIなんて使ってない...

f:id:tncnicky:20170402123108j:plain

大丈夫です。

 

そんなあなたでも、

その場でできる

練習があります。

 

 

好きな曲のメロディーを

想像しながら、ベースを打つ

 

これをやってみると

意外に難しいものです。

 

でも、これができるようになると、

練習で合わせた時に、

どんどん周りが聞こえるようになります。

 

 

周りが聴けている状態になれば、

自分がどう歌うべきか、

見えてきます。

 

 

 

ここまできたら、

今までの3倍は効率よくなっている

と言っても過言ではありません。

 

 

 

今更ですが、なぜ3倍か? 

それはぼくの体感値です。

 

 

 

f:id:tncnicky:20170402123410j:plain

ぼくが組んでいるバンドで

この方法を実践したところ、

 

1曲を完成させるのに3ヶ月

かかっていたのが、

 

 

1ヶ月で人前で演奏できる

レベルまで上達するように

なりました。

 

 

 

そして今では、どのバンドも

同じようなスピードで

成長し続けています。

 

 

 

あなたもこれを試せば、

自然と練習の効率は

上がっていくでしょう。

 

 

あなたの手で、いまから

好循環を生み出しましょう!

 

 

 

今日はここまでです。

それでは!