女の子を惚れさせる、究極の息遣い

f:id:tncnicky:20170402032815j:plain

こんにちは、SHOです!

 

 


今日は

 

女の子もオトせる、

ブレスコントロール


についてお話しします。

 

 

 

この記事を読めば、

あなたの演奏の安定感はグーンと上昇します。

 

 

きっとあなたはベースなので、

普段から仲間を支えています。

支えられるベースは重宝されます。

 

 

 

今日紹介するテクニックを

身につけると、

 

 

あなたと歌いたいです!

 

 

そう言って、バンドの依頼を

してくる人も出てくるでしょう。

 

 

 

 

しかし、この記事を読まずに

安定感を生み出す術を逃してしまうと、

あなたはバンドに誘われないどころか

今あるバンドでも必要とされなくなります。

 

 

そうなってしまうと、

毎日の努力も水の泡です。

 

 

f:id:tncnicky:20170402043414j:plain

あなたには、以前のぼくのような

失敗をして欲しくないです。

 

 

声が全然持たず、ロングトーン

1小節も持たない。

 

4声で、ハーモニーが繊細なのに

自分のせいで、和音が崩れる。

 

 

そんなぼくでも、簡単なコツ

掴んだだけで、安定感がでました。

 

 

 

今からお教えするテクニックを

習得すれば、あなたは

今以上の安定感を手にし、

 

 

一緒に歌って!!

と引っ張りだこになるでしょう。

 

その簡単な"コツ"を、

下で紹介しているので

ぜひチェックしてみてください!

 

 

 

プロならみんなができる
"あの"テクニック

f:id:tncnicky:20170402043448j:plain

 

 

今回紹介するのはズバリ、

腹式呼吸です。

 

 

よく聞きますよね?

そうなんです。

 

 

うたを歌う上で、

誰もが身につけていないと

いけない技術。

それが「腹式呼吸」です。

 

 

どのボイストレーナーも。

どの発声紹介ブログでも。

必ずと言っていいほど

紹介している内容です。

 

 

それはなぜか?

それほど重要だから。

 

 

 

この呼吸法をマスターすれば、

安定感は抜群に増します。

 

逆に、これができない人は、

どんなに頑張っても、

なかなか上達しません。

 

 

もしもあなたが、

 

息が長く続かない

ロングトーンで音がブレる

 

といった悩みがあるのであれば

ぜひ今から紹介する

方法を試してみてください。

 

 

 

あることをするだけで
簡単に安定感は手にはいる!

f:id:tncnicky:20170402043746j:plain

 

 

そもそも腹式呼吸とは、

横隔膜を制御しながら

行う呼吸法です。

 

 

 

この呼吸法は

 

響く空間を広く保つ

空気を効率良く吸う/吐く

 

という目的があります。

 

 

でも、そんなに難しく考えず

重要そうだな...くらいの

感覚的な認識で大丈夫です!

 

 

 

 

 

では実際に腹式呼吸

感覚を掴む方法を紹介します!

 

step1

まずは、横になりましょう。

そして、リラックス。

 

step2

「U」の母音の形を作ります。

ストローを吸う時のイメージです。

 

step3

口からゆっくりと

息を吸います。

 

この時に、体に息が

溜まっていくイメージを

もてるとgoodです!

 

step4

そして、ゆっくり吐き出します。

 

 

以上です!

 

f:id:tncnicky:20170402043935j:plain

 

もしあなたが横になりながら

この記事を読んでいるなら、

すぐやりましょう!笑

 

この方法を試してみて、

肩や胸が上がらず、

お腹が膨らむような

感覚があれば、正解です!

 

 

 

実は面白いことに、

ぼくたちは知らぬ間に

腹式呼吸をしています。

 

それは、「寝ている時」です。

 

 

もし、今紹介した方法が

あなたに合ってないな...

と感じるのであれば、

 

意識を保ちつつ、

寝てみてください!

 

いつもと違った呼吸に

なっているはずです。

 

 

 

この呼吸が身につけば、

必然的に安定感は増します。

 

あなたは寝ながらにして

安定感を手にいれるのです。

 

 

ぜひ、腹式呼吸をマスターし、

バンドを支え、重宝される

スーパーベーシストになりましょう!

 

 

今回は以上となります。

それでは!!