客席ごと曲の世界に引きずり込む悪魔的"クラッシュ"

f:id:tncnicky:20170402075218j:image

こんにちは、SHOです!

 

 

今回は、

 

見ている人を曲の中に

引きずり込む

一瞬のテクニック

 

を紹介します。

 

 

 

この記事を読めば、あなたは

曲を演奏する際に、

みるみるうちに観客を

虜にすることができます。

 

 

 

そしてあなたの演奏に虜になった客は

どんどん曲の世界にのめりこみます。

 

そして、みるみるノリノリになっていく

観客が見えてくるでしょう。

 

 

f:id:tncnicky:20170402075538j:image

めっちゃ楽しかった!!

 

と、純粋に音楽を楽しんでくれた

観客の声も聞こえてきます。

 

 

 

しかし、このテクニックを知らないと、

本来届くはずの音楽が伝わりません。

 

 

 

安心してください。

今日紹介するテクニックも

とても簡単です。

 

これができれば、

あなた自身が今以上に

アカペラの魅力に

とりつかれるでしょう。

 

 

ぜひマスターして、あなたのファンに

その音楽を聞かせてあげてください。

 

 

 

 

一瞬の"踏み込み"が大事

f:id:tncnicky:20170402075934j:image

 

今回お伝えするのは、

「ドライブ」です。

 

 

誰もが一度は聞いたことのある

ものではないでしょうか。

 

まずは、下の動画をご覧ください。

 

youtu.be

 

 

この動画はPentatonixという

アメリカのプロアカペラグループ

代表作です。

 

 

ヒゲをこしらえた、

ダンディーなおじさんこそ、

このバンドのベーシスト

Aviです!

 

 

低音部に注意して聞くと、時々

 

ううぅぅ⤵︎

ぅぅううう⤴︎

ぅ、うぅぅ!⤵︎

 

という音が聞こえますね。

時間でいうと、

 

1'00"

1'14"

1'34"

2'24"

3'43"

3'51"

 

にあります!

1曲で計6回です。

ふんだんに使われています!

 

 

 

 

これがドライブです。

このドライブこそが、

悪魔的クラッシュなのです。

 

クラッシュというだけあって、

セクションの変わり目で使います。

 

 

ではこのやり方について

説明していきます。

 

 

 

2つのことに注意して

ドライブをマスターする!

f:id:tncnicky:20170402082510j:image

 

では実際にこのドライブをやる

コツを紹介します。

 

このドライブは音の変化が

主に3種類あります。

 

 

1つ目は、上から下。

2つ目は、下から上。

3つ目は、下から上からの下。

 

 

これから紹介するのは、

これらに共通して、

注意すべき2つのことです。

 

 f:id:tncnicky:20170402082711j:image

 

①エッジを効かせる

場面の転換、というだけあって

ダイナミックでスピード感のある

サウンドが求められます。

 

②振れ幅は大きく

このドライブは、

車のアクセルを踏み込んで

 

ぶぅぅうん!

 

と鳴らしているような

イメージでやると、

案外簡単にできたりします。

 

 

 

その際、

音の変化が大きく、速くなるほど、

スピード感がでます。

 

 

最初のうちは

好きなようにぶんぶんやって、

感覚をつかむことを優先しましょう!

 

 

 

すぐにできるアレ

f:id:tncnicky:20170402082835j:image

 

では最後に、

 

先ほど紹介した中で、

もっともかっこよく、かつ

簡単にできるパターン、

 

 

下から上からの下

 

をやってみましょう!

動画でいうと1'15"の部分です。

 

 

 

これは3ステップに

わけることができます。

 

まず、出しやすい低音で、

「う」という。

 

 

つぎに、その高さから、

のどを閉めるようにして、

高いは音をだす。

 

 

そして、上に上がった勢いで

下まで戻ってくる。

 

 

これができると、

洋楽に限らず色々な曲で

ドライブを混ぜられるようになります。

 

スピード感のある曲には

うってつけのテクニックなので、

是非やってみましょう!

 

 

そして、観客を曲の世界に

引きずり込んでください!

 

 

今日はここまでです。

それでは!