たったひとことで緊張しなくなる魔法の言葉

f:id:tncnicky:20170402141141j:plain

こんにちは、SHOです!

 

 

今日は、

 

600人を目の前にしても、

いつも通りのクオリティを

客席に届けるメンタル

 

についてお話ししたいと思います。

 

 

 

早速ですが、あなたは緊張しいですか?

ぼくは結構なあがり症でした。

 

 

2年前までは、知り合いの前で

歌うことすら緊張し、

家族の前で歌を歌うことすら

できませんでした。

 

 

 

f:id:tncnicky:20170402141326j:plain

 

しかし、現在は

多少緊張しやすいものの、

 

数百人を前にしても、

平然と演奏できるようになりました。

 

 

これは、かつて発声をみてくださった

先生からいただいたアドバイスです。

 

 

たった2つのこと。

 

ただそれだけを実践すれば、

 

あなたも緊張しにくくなり、

そして自信がつき、

さらに緊張しにくくなります。

 

 

 

もしあなたが緊張しないのであれば、

この画面を閉じて大丈夫です。

 

 

ただ、もしあなたがあがり症なら、

この魔法を実践しなければ

 

これからのライブも

緊張し続けるでしょう。

 

 

緊張して、音がぶれる。

緊張して、声が揺れる。

失敗が怖くて、緊張する。

 

そんな経験が続きます。

 

 

せっかく練習でいい演奏ができても、

本番で緊張してしまっては、

実力を発揮しきれません。

ライブ恐怖症になるかもしれません。

 

 

f:id:tncnicky:20170402141450j:plain

 

でも大丈夫。

ぼくも以前は本番恐怖症でした。

 

これから説明する内容を実践すれば、

あなたの緊張はだんだんと

解けていくでしょう。

 

 

今日から、好循環を作りましょう!

 

 

 

 

大事なのは、"2段構え"

f:id:tncnicky:20170402141626j:plain

 

今回紹介するのは、

メンタル面での内容です。

 

 

緊張しにくくなるマインドセット

緊張した時の対処法

 

 

これを紹介します。

 

この2つを知れば、緊張に強くなり、

仮に緊張しても、対応できます。

 

 

これができたら、最強じゃないですか?

 

 ぜひ、習得して、

自信満々のベースを聞かせましょう!

 

 

 

 

緊張を"知る"ことの重要性

f:id:tncnicky:20170402141705j:plain

 

では早速紹介します!

いくつか挙げますが、どれも簡単なので、

やってみましょう!

 

まずは、

緊張しにくくなる方法です。

 

 

 

①緊張していることを認めること

ぼくはこれが一番効きました。

本番前、緊張していたら素直に、

 

あーいま緊張してるや!

 

と認めてあげてください!

 

 

よく、緊張しない緊張しない....

と瞑想している人がいますが、

逆効果です。

 

だって、緊張してるじゃん!

緊張している自分を認めると、

意外に気がラクになるものです。

 

 

 

②イメージトレーニング

これは、前日などにやるといいです。

ぼくは本番当日の朝、目覚めるときから、

本番までをジックリとイメージします。

 

 

これは場数を踏むと効果を

発揮してきます。

 

なので、もしあなたがライブ経験が

あまりないのであれば、

無視して大丈夫です!

 

 

 

 

f:id:tncnicky:20170402141855j:plain

続いては、

緊張した時の対処法です。

 

①緊張していることを認めること

あれ、なんか見たことある...。

 

そうです。

本番中も先ほど紹介した、

「認める」ことが重要になってきます。

 

 

なぜなら、あなたは本番中、

なにか新しいメンタルを築けますか?

 

ぼくはできませんでした。

そして余計に緊張しました。

 

 

緊張すると、

なにも考えられなくなりますよね。

その状態で何かしようとすると、

パンクしてしまいます。

 

 

いっそのこと開き直って、

あー緊張するんだけどー笑

みたいに、認めましょう。

 

案外効果を発揮しますよ。

 

 

 

f:id:tncnicky:20170402141928j:plain

 

とは言っても、

今、あなたは緊張していませんよね?

 

 

では、イメージトレーニングを

やってみましょう!

 

最近あった本番を思い出してください。

 

次に、その日の朝からの

あなたの行動を振り返ります!

 

 

あれ着てたな。あれ食べたな。

寝坊したっけな。

 

あの時緊張し始めたな〜

など、緊張のきっかけも思い出せたら

なおgoodです!

 

 

 

そして、次回の本番前も

イメージトレーニングしてみましょう。

できるだけ詳細にです。

 

 

本番中は何も考えなくても

大丈夫です。

 

 

あなたの努力は、

あなたが何もせずとも

客席に届いています。

 

 

そうすれば、あなたのあがり症も

気づいた時には軽減しているでしょう。

 

 

今回はここまでです!

それでは!

 

 

= = = = = = = =

追伸 | もっと知りたい?

今回の内容をもう少し詳しく

説明した資料を作成したので、

 

もっと知りたい!!

 

という方は以下のリンクから

チェックしてみてください!

 

 

tncnicky.hatenablog.com